Sometimes

sometimes7.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 12日

「空と土のあいだで」

自由とは、どこかへ立ち去ることではない。
考えぶかくここに生きることが、自由だ。
樹のように、空と土のあいだで。

 (長田弘  「空と土のあいだで」より)
[PR]

# by some-times | 2008-07-12 23:47 | 情報
2008年 06月 29日

きょうの夕方

久しぶりに、庭を撮りました。

f0129200_10394992.jpg



森の中のアオノクマタケラン(6月22日に撮影)。
花のピークは過ぎました。

f0129200_2116813.jpg



ターシャ・テューダーさん(絵本作家、園芸家)が
米国の東部バーモント州の自宅で亡くなられたそうです。
92歳で。 
自然との調和や自給自足をモットーに、電気もガスもない19世紀の
生活様式を続けて、約30万坪の庭を管理していました。
働き尽くめだったようですが、こんなコトバを残しています。

「価値のある良いことは、時間も手間もかかるもの」

http://www.tashatudorandfamily.com/

http://www.atc.ne.jp/seikindo/html/omoutoori.htm
[PR]

# by some-times | 2008-06-29 21:22 |
2008年 01月 16日

椿

いま、満開です。
f0129200_2017074.jpg
f0129200_20172378.jpg



f0129200_1905074.jpg
f0129200_191328.jpg



f0129200_1912821.jpg

[PR]

# by some-times | 2008-01-16 20:19 |
2008年 01月 02日

飼い主の前では…

長年一緒に暮らした犬(ジン)が行方不明になって、そろそろ半年。
最近、読んだ本「鬼の宿帖」に、「犬は飼い主の前では死なぬ」
という諺があることを知った。猫が死体を見せないという話は
よく聞いていたけど、犬にもそんな本能があるとは、知らなかった。

本のタイトルにある宿は、本郷、菊富士ホテル。
宿の鬼たちとは、そこに下宿していた文士や画家、思想家、科学者、
政治家、役者、映画監督のこと。たとえば、大杉栄、伊藤野枝、
竹久夢二、坂口安吾、溝口健二、直木三十五、高田保、谷崎潤一郎、
広津和郎などだ。
この人たちの素顔を知りたくて、購入した。特に高田保が気になって。

f0129200_1404837.jpg


著者の羽根田武夫さんは、小学校5年生のとき、飼っていた老犬が
行方不明になり、ついにその死骸を見ることがなかったという。
その犬は忠犬ハチ公のように、毎日学校の校門まで羽根田さんを送っていき、
授業が終わるまでそこで待っていたので、学校じゅうの評判になった。
「クロは醜い死体を私に見せるのが嫌で、こっそり死に場所を求めて去った
に違いない。その気持ちを思うと、今でも熱いものがこみあげてくる」
と書いている。

最近、いろいろな人の話を聞いてわかったことがある。
15歳を過ぎた老犬がいなくなるケースが意外に多いことだった。
「老犬だから、自分で帰れなくなったのよ」と言う人もいたけれど、
「死に場所を探して、絶対に見つからないような所まで行ってしまった」と
とらえる飼い主が多かった。
ある人は「どこにも行かないで、ここで死ぬんだよ、と言い聞かせておかなきゃ
だめ」と言っていた。その人の犬も、行方がわからなくなったので、
あちこち探し回り、後悔もしたようだ。「言っておけば良かった」と。

ジンは18才になる1ヶ月前にいなくなったので、つい「認知症かも」
と思ってしまった。けれど、もし死に場所を求めて力をふりしぼって
遠くへ遠くへと行ってしまったのだとしたら、ごめんね、
わかってあげられなくて、と謝りたい気持ちになってくる。

f0129200_13223229.jpg


「作家の猫」という本にも、面白いことが書いてあった。
中島らもは、老衰が激しくなってきた猫に「どこにもいくな、死ぬんだったら
この机の下で死になさいね」と何度か語りかけていたという。
「猫は死期を悟ると、フラリと出ていったりするじゃないですか、それがイヤで。
そうしたら、ある朝起きたら、本当に机の下でひっそりと息を引き取っていたんです。
わかったんですねぇ」(中島らも夫人の話)

気持ちが通じるんですねぇ。

「鬼の宿帖」の羽根田武夫さんは93歳のユニークな生涯を終えている。↓
http://www.fujiseiyaku.co.jp/haneda.htm

従兄弟の羽根田弥太さんは、発光生物の研究では国際的に知られる研究者で、
岐阜県平町出身。八丈島には光るキノコなどの研究で何度か来ています。

http://www.geocities.jp/zenhoken/ZHJ_pdf21-30/ZHJ28_08-10.pdf



南海タイムス新年号に掲載された次の作品をご紹介します。

村田乃撫子さんの組木絵「八丈島の家」です。↓
f0129200_15551218.jpg


松村潤之介さんの版画です。↓
f0129200_1555482.jpg


松村潤之介さんの作品展が最近、旧日光街道・千住宿の蔵ギャラリーで開催されました。
その会場の写真です。↓

f0129200_15571276.jpg

f0129200_160748.jpg


犬から飼い主へ。
[PR]

# by some-times | 2008-01-02 13:57 | 情報
2007年 10月 21日

永瀬義郎

永瀬義郎さんの作品と出会ったのは、版画の画廊でだった。
そこを退職するときに購入したのが、この「鳥人」という作品。

f0129200_8413714.jpg


永瀬さんの死後、全作品を収録した画集「NAGASE 人と芸術」が出版された。
けれど、この「鳥人」はなぜか載っていない。
出版元のネオアカシアには、すぐに写真を送ってお知らせした。
(ネット上での公開の意味もあるかな?)

大正時代(1922年)に出版された永瀬さんの本「版画を作る人へ」は
棟方志功とか、谷中安規など多くの人に影響を与えたという。
日本より、世界で名が知られているとも聞いたことがあります。

永瀬義郎のオフィシャルサイト
[PR]

# by some-times | 2007-10-21 22:21 | 情報
2007年 10月 11日

知り合いが、「庭に使ったら」と臼を持ってきてくれたのは
庭を作り始めて3年ほど経ったころだったと思う。
虫食い状態だったので、雨ざらしにするのは躊躇したけれど、
庭に置いてテーブル代わりに使わせていただいた。
もう15年。 案の定、いまは腐りかけている。

f0129200_16313579.jpg


犬(ジン)に遠慮して、臼のある南側の庭に近づかなかった猫が、
いまは我が物顔で歩き回っている。ジンがいなくなったのです。
18才の誕生日(8/21)の直前でした。
以来、夫も私も猫?も、さびしく過ごしていますた。
猫は、よく臼の上で気持ちよさそうに寝ています。

f0129200_16321457.jpg


昨年2月のジン。まだあどけなく見えたので、思わず撮りました。
臼の近くで。
f0129200_19312384.jpg


今年5月28日に撮影。
これが、最後の写真になりました。
f0129200_19365129.jpg

[PR]

# by some-times | 2007-10-11 16:48 |
2007年 08月 15日

今日の夕空

夕方、南原海岸通りで不思議な空の色と遭遇した。
この光のいたずら、初めて見ました。

f0129200_20431178.jpg


南原千畳敷で眺めてみる。
左端に写っているのは三日月です。

f0129200_20433360.jpg


犬と一緒に、この空の色を楽しんでいる人も。

f0129200_20435215.jpg


More
[PR]

# by some-times | 2007-08-15 20:58 | 情報